コロッケの歴史

1872年以前  地球上にコロッケという食べ物が誕生。
1872年 文献にはじめてクロケットが登場。
1887年 日本にクロケット(クリームコロッケ)が伝来。
日本で乳製品の加工技術が普及していなかったため、ポテトを使ったコロッケが発明されたと考えられる。
(注:オランダには1909年にフランスからクロケットが伝来した記録が残っているためオランダ説は考えにくい。)
1887年 富裕層向けにレシピ公開
1895年 クロケット=クリームコロッケ、コロッケ=ポテトコロッケの別メニューとして大衆向けにレシピが公開される。
1917年 コロッケの唄大流行
この時期に大正の三大洋食に仲間入り。(コロッケ、ビフテキ、トンカツ)
当時の売価はコロッケ:25銭、ビフテキ:15銭、トンカツ13銭とコロッケの1人勝ち
1953年 学校給食用としてコロッケの冷凍食品が開発される。(第1次コロッケ産業革命)
80年代初頭 包餡機が和菓子界に登場。
80年代後期 包餡機がコロッケ界に転用される。
1992~1995年 包餡機の普及で第2次コロッケ産業革命が起こる。
90年代後期 技術革命。品質の向上を各社が模索。
2000年代頭 数社のコロッケメーカーがコロッケ界の価格破壊を仕掛ける。
2000年代中期 コロッケ不況により倒産企業が続出。
2012年 コロッケ革命軍が狼煙を上げる。